おおいたデザイン・エイド2018 中川政七氏による「経営とデザインの幸せな関係」講演会 開催のご案内


 大分市では、「クリエイティブ産業の裾野の拡大」、「市内クリエイターの育成」、「クリエイターの発想・技術を活用した企業の販路拡大」を図ることを目的に「おおいたデザイン・エイド2018」をスタートさせました。

 

 そのキックオフイベントとして、729日(日曜日)に開催を予定したところ、台風12号の影響によりやむを得ず中止といたました、「()中川政七商店」代表取締役会長の中川政七氏による講演会を改めて開催いたします。

 中止決定の際には「改めて開催してほしい」という期待の声を多くの皆様からいただきましたことから、再度調整させていただいた結果、今回の開催が実現いたしました!

 

 経営にデザインの思考を取り入れる中川氏の経験談や、成功の秘訣、経営のヒント等を直に聴くまたとない機会ですので、ぜひご来場ください。

 

日時:1028日(日曜日)午後3時~430

場所:平和市民公園能楽堂

講師:中川政七氏 <()中川政七商店代表取締役会長>

定員:300人(先着順)

費用: 無料

 

<講師プロフィール>

1974年生まれ。京都大学法学部卒業後、2000年富士通株式会社入社。2002年に株式会社中川政七商店に入社し、2008年に十三代社長に就任。「日本の工芸を元気にす!」というビジョンのもと、業界特化型の経営コンサルティング事業を開始。初のクライアントである長崎波佐見町の陶磁器メーカー(有)マルヒロでは、新ブランドHASAMI」を立ち上げ空前の大ヒットとなる。2015年「ポーター賞」を受賞。「カンブリア宮殿」などテレビ出演のほか、講演実績多数。2018年に会長に就任。

 

<講演テーマ>

「経営とデザインの幸せな関係」

奈良晒の問屋業として1716年(享保元年)に創業した中川政七商店は、2002年に本格的に小売業に進出。2007年からは「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、全国の工芸メーカーへの経営コンサルティング事業を開始。2018年現在、自社店舗を全国51店舗へと拡大し、コンサル先16社の新ブランドを成功に導いた軌跡とともに、日本のものづくり企業が生き残っていくための「経営とブランディング」について語っていただきます。

 

申込方法:電子申請フォームからお申し込みください。

https://www.egov-oita.pref.oita.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=NVfjEzIO

 

おおいたデザイン・エイド2018公式ホームページ

https://oita-designaid.jp/