【大分市より】おおいたデザイン・エイド2019 第1回クリエイティブセミナー 白水 高広氏講演会のご案内


大分市では、クリエイティブ産業の裾野拡大・市内クリエイターの育成・クリエイターの発想や技術を活用した市内中小企業等の販路拡大を目的に、「おおいたデザイン・エイド2019」を実施しています。

今年度は「地方都市で活躍するデザイナー兼経営者」を講師にお招きし、クリエイティブセミナーを開催します。

 

<講師紹介>

株式会社うなぎの寝床 代表取締役 白水 高広(しらみず たかひろ)氏

 

<プロフィール>

1985年佐賀県小城市生まれ、大分大学工学部福祉環境工学科建築コース卒業。

2009年8月厚生労働省の雇用創出事業「九州ちくご元気計画」に関わり2年半プロジェクトの主任推進員として動く。

同事業は2011年グッドデザイン賞商工会議所会頭賞を受賞。

その後20127月にアンテナショップうなぎの寝床を立ち上げるとともに、現在まで地域文化商社として成長させている。

他地域・他社のコンサルティングや制作、アドバイス、リサーチなども精力的に行っている。

()うなぎの寝床 http://unagino-nedoko.net/

 

<講演テーマ>

「デザインとお金のしくみ」

もんぺメーカーとしての活動や、動画制作、コンサルティング、通訳、翻訳、EC構築、webサイト制作など、白水氏の活動は多岐にわたります。立ち上げ期にプロデュースした現代久留米絣(くるめがすり)もんぺは大ヒットとなり、東京や大阪へと全国展開。外部からの資金調達をせず、売上高は年々安定成長を継続しています。

そんな白水氏は地域に足りない要素や機能を考え実装する「地域文化商社」を目指して活動しています。経済的な問題により継続困難な状況の伝統工芸を、いかにして継続可能なものとしてきたかなどの経験をもとに、デザインが売上(お金)を生むために何が大切なのかなどについて語っていただきます。

 

日時:728日(日曜日)午後3時~530

場所:J:COMホルトホール大分 3階 大会議室(大分市金池南一丁目51号)

講師:白水 高広氏 <株式会社うなぎの寝床 代表取締役>

定員:100人(先着順)

費用: 無料

 

こちらのセミナーチラシをご覧ください

 

申込方法:電子申請フォームからお申し込みください。

https://www.egov-oita.pref.oita.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=JOBPDd8z